大西憲司設計工房[大阪]Kenji Ohnishi archtect

大西憲司設計工房ウェブログ

Y邸 進捗状況

category: 雑記

20150624

皆さん
こんばんは。

大阪市内で行われております工事の進捗状況をupさせて頂きます。
20150624-y_________.jpg

先日、
基礎配筋の検査と基礎のコンクリート打設を行いました。

まず配筋検査についてです。
20150624-1.jpg
20150624-2.jpg

配筋検査では、
事前に構造設計家の方とチェックをじっくり行い、
本番の検査に臨みました。
20150624-3.jpg

検査本番では、
検査員の方と周り、不備がないか厳しいチェックが行われました。
チェック項目としましては、
各床部分と梁部分の配筋本数や配筋径、端部の形状や長さ、かぶり厚さなどをチェックしていきます。
20150624-4.jpg
20150624-5.jpg

施工管理の方や配筋をしていただいた作業員の方々の丁寧な作業により、
何事もなく無事検査を終えることができました。


配筋検査が終わり、
次はコンクリートの打設を行います...
20150624-______1.jpg
(ポンプ車と生コン車)

打設する際、
まずコンクリートの検査を行います。

何種類か検査行うのですが、
今回はスランプ試験について簡単に意味合いだけ説明させていただきます。
20150624-______2.jpg
20150624-______3.jpg
(スランプ試験の様子)

スランプ試験は、「生コンクリートの流動性」を調べる検査です。

コンクリートが軟らかければ、凸型をした基礎一体打ちの型枠内にコンクリートを流し込むことが容易になるので作業性がアップします。
しかし軟らかすぎるコンクリートはセメントと水が一体化せず、
余った水(余剰水)が蒸発する際に、ひび割れを起こす原因になります。

逆に、コンクリートが硬ければ流動性が低くなるので、型枠内の隅々にまでコンクリートを行き渡らせる事が難しく、現場作業者の技術力が問われます。

つまり、コンクリートは、「硬すぎず軟らかすぎず」が丁度良いということになります。

それを調べる為に行うのがスランプ検査です。

今回は問題なく試験をクリアし、打設を行いました。
20150624-______4.jpg
(様々なコンクリート検査の様子)

コンクリート検査が完了するとコンクリート打設の開始です。
20150624-______5.jpg
20150624-______6.jpg
20150624-______7.jpg

打設は作業員の方々が昼食も取らず一気に打っていただき
無事コンクリートを打ち終わることができました。

大西憲司設計工房
Kenji Ohnishi architect

531-0072
大阪市北区豊崎三丁目十五番地四号 ローツェII 502

グーグルマップ

t: 06.6292.0688 (f: 0689)
info@ohnishi-net.com

copyright 2006–2013 kenji ohnishi architect.
all rights reserved.