大西憲司設計工房[大阪]Kenji Ohnishi archtect

大西憲司設計工房ウェブログ

20161012

みなさんこんにちは。

前回前々回とブログにて紹介しておりました住宅が完成し、お施主様のご厚意により見学会を開催致しましたのでご紹介致します。

ちなみにこのブログは、各現場を担当しております所員が掲載しております。
おかしな文章等あるかと思いますが、少しでも弊所の雰囲気を伝えられれば幸いです。(あのブログは誰が書いているんですか?という質問が度々ありましたので...)

では、早速内容に...

20161012-_________.jpg

といいながら、播州の秋祭りです。見学会当日がその秋祭りの時期と重なっており、昼過ぎに現場近くを練り歩いていました。一台の屋台でも一瞬にかける熱気を肌で感じると、こちらまで高揚感につつまれますね。天気予報では雨模様だった空も、祭りに合わせてか、そんな様子を微塵も感じさせない、むしろ暑いくらいの陽気でした。

前置きが長くなりましたが、こんな住まいが完成致しました。
20161012-________________________.jpg
板張りの外壁が、角地にたつ住まいの表情に温かみを生んでくれているような気がします。

板はレッドシダー(米杉)という材料で、木材の中でも耐久・耐候性が高く、デッキ材や外装材には良く使用されています。今回はその木材に2種類の塗装を施し、さらに耐久・耐候性が増すよう配慮しています。

20161012-__________________.jpg
アプローチです。道路面からの引きをとり、直接的に玄関が露出しないような計画です。シンボルツリーのヤマボウシとアオダモを見上げながら玄関へと目を向けると写真のような抜けが現れ、今度は真竹やオカメザサ可愛らしく咲いたヤマホロシなどが出迎えてくれます。

20161012-_______________.jpg
見学会当日はたくさんの方に遠方までお越し頂きました。(担当現場の見学会は毎度毎度細かな部分への質問が飛び交い、またたくさんの建築家の方に図面をチェックされる為背筋が伸び続けます...)

20161012-______________________________.jpg
リビングでは家族が団らんできるよう造作ソファを設えています。南側には隣家が建って居る為閉じているのですが、北側に設けた大開口からのやわらかな日の光によって、過ごしやすいスペースとなりました。

南側には庭を設けたり開口部を設けたりすることが通例となっていますが、この住まいのように北側からの日の光は日中もやわらかく、予想以上に良いものです。

そんなリビングから見えた子供屋台に反応し、下へ降りると...
20161012-20161008_042907200_ios.jpg

さすがの、こども連中。

カメラを向けるとピースをしてくれたのではなく、ピースをしていたからカメラを向けざるをえなかった。シャッターを押す行為を誘発されてます。

2日間の見学会に遠く足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。そしてなにより、長期間現場に目を向けて頂いたHさんご家族、本当にありがとうございました。


ひぐち。

大西憲司設計工房
Kenji Ohnishi architect

531-0072
大阪市北区豊崎三丁目十五番地四号 ローツェII 502

グーグルマップ

t: 06.6292.0688 (f: 0689)
info@ohnishi-net.com

copyright 2006–2013 kenji ohnishi architect.
all rights reserved.