大西憲司設計工房[大阪]Kenji Ohnishi archtect

大西憲司設計工房ウェブログ

お墓参り

category: 雑記

20150422

春と秋のお彼岸に、伊勢にある両親の墓参りに行くのですが
忙しくてなかなか行けず、
今週の日曜に時間がとれ、雨の中妻と二人で墓参りに行って来ました。

朝早く出かけたこともあり、
雨も上がり、このまま帰るのがもったいないと妻と相談し、
それではお伊勢さんへ行こうということになり伊勢神宮の内宮へ車を走らせました。
実は妻と一緒に伊勢神宮へ行くのは初めてでした。

内宮へはJIAの住宅部会の例会で行って以降約5年ぶりになります。

一昨年、20年に一度の神宮式年遷宮が行われ、
萱葺屋根や総ヒノキ造りの掘立柱建物が真新しく、清浄さと、
神の生命力や神聖な空気を肌で感じることができ心が洗われる思いがしました。

20150422-1_______syasinn.jpg
(五十鈴川にかかる宇治橋と大鳥居 大勢の参拝者でちょっと驚きました)
20150422-3____.jpg
(宇治橋から五十鈴川と新緑の美しい風景を眺める)
20150422-4_______.jpg
20150422-5__________.jpg
(参道の途中にある御手洗い場でのスナップ 私と妻)
20150422-6_______.jpg
(杉の大木に囲まれた式年遷宮された本宮を石段下から拝する)
20150422-7__________.jpg
(本宮横にある荒祭宮、ここも新しく建て替えられています)


帰りにおかげ横丁に寄り、大阪(伊勢丹の地下)では並ばないと食べられないと、
妻が赤福本店で有名な赤福が中に入ったかき氷を食べていました。

私は五十鈴茶屋という和菓子屋さんで、大好きなくずきりを食べ、
二人共大変満足して帰路につきました。

急でしたが、楽しい一日を過ごすことができました。
あまり一緒に出かけることがなかったので
これを機にできるだけ二人でいろんな所へ出かけたいと思いました。


20150422-8_______.jpg
(おかげ横丁)
20150422-9_____________.jpg
(赤福本店)
20150422-10___________________.jpg
(赤福が入ったかき氷 「赤福氷」)
20150422-11__________.jpg
(帰りにコーヒーを飲みに入った喫茶店 「ブレンドコーヒーがとても美味しかった」)
20150422-12_______2.jpg
20150422-13_____________.jpg
(黒蜜とくずきり) 
「砕かれた氷の中に冷やされたくずきりをざるそばを食べるように黒蜜をつけて食べます。この食べ方は初めてでしたが、冷やされたくずきりに黒蜜が程よく絡みつき甘すぎずさっぱりして大変美味しかったです。お伊勢参りに行かれたら、是非赤福氷とくずきりをご賞味下さい」

20150422-14_______.jpg
(五十鈴茶屋 「裏にある五十鈴川沿いの茶室と庭が素晴らしかった」)

20150415

皆様こんにちは。

大阪市内で計画したRC造3階建の住宅が
地鎮祭も無事終わり着工しました。

20150415-____________.jpg
敷地が建て込んだ環境にある為、セミコートハウスの中庭を中心に
駐車場のルーフテラスの緑や敷地外緑と一体になった緑豊かな住まいです。

都市の中ですが、緑や風や光など、季節や自然を感じながら
気持ちよく暮らせることを第一に考え計画しました。

地盤が非常に悪く、
支持層が31mまでなくて杭基礎が必要になり、
コストや周辺状況を考え摩擦杭基礎工事を採用しました。

20150415-n__________________.jpg
(北側から見た敷地)
20150415-________________________.jpg
(南側から見た敷地)

杭の芯出し作業をしている所です。
杭芯出しが終わればオーガーにより掘削を行い、
杭を貫入させます。
杭工事を5月7日頃予定しています。

工事作業を順次紹介したいと思います。


20150413

皆様こんにちは。

今回はRC造2階建の工事進捗状況です。

地盤改良工事(深層混合処理工法)完了
20150413-______2.jpg

20150413-____________1.jpg
先行して敷地境界沿いに設ける焼杉板塀の下地コンクリートの
一部を施工しています。

これから本格的な工事が始まります。



20150413

皆様こんにちは。

姫路市内で木造2階建(11月末竣工)とRC造2階建(16/2月末竣工)住宅の
工事が着工しました。

20150415-________________2.jpg

今回は木造2階建住宅の工事進捗状況です。

20150413-____________.jpg
20150413-_____________1.jpg
20150413-____________2.jpg
捨てコンクリートの上にベタ基礎の配筋を行っております。
雨の中での作業ご苦労様です。

木造のプレカット施工図をチェック・打ち合わせの後、
プレカット工場でプレカット施工、工場チェック・現場搬入・建方を行い、
5月中旬頃に上棟予定で、
順調に工程通りに工事は進められています。

大安の日。

大阪で設計を行っておりました住宅の地鎮祭がとりおこなわれました。

当日、紅白幕の張られたテントに落ちる雨の音は、神事の空気感をより一層鋭敏なものにしているようでした。気が引き締まります。

「雨降って地固まる」
「土地に住まう神様が工事の無事を祈り、
土を固めてくれているのかもしれません。」
神主さんからのお言葉です。

ことわざではありますが、言葉通りに、雨が降って軟らかくなった地面は雨が上がるとそれまで以上にしっかりと固められます。

そしてこの土地に建つ住まいは、コンクリート造。

コンクリート打設後の養生期間では、乾燥や過度な温度変化は天敵となります。乾燥や温度変化によってコンクリート内の水分が失われ、ひび割れが発生したり、セメントの硬化反応に支障をきたしてしまいます。それらを防止する為に、散水等を施してコンクリートを湿潤な状態に保つことが大切となります。

地鎮祭当日の雨は、無事にコンクリートが打設できることを神様が願って水を降らしてくれているようで、なんだか縁起の良いスタートでした。

これからはじまる各工程の工事、
そしてお施主様ご家族のこれからの生活の為の住まいの完成までを、
気を引き締め、監理していきたいと思います。

20150404


一昨日、近くにある公園の桜を借景に計画した千里の家が、
はじめてのお花見ということで
当初イメージした景色が広がっているかが気になりお伺いしました。

20150406-___.jpg
(ダイニングからの眺望)

計画通りに屋上やそれぞれの部屋から満開の桜を目の当たりにでき、
季節の移ろいも感じられ、親戚やお友達と一緒にお花見をされ
ご家族も大変喜んでいただき、ほっとしました。

20150404-____________1.jpg

20150404-____________2.jpg
 
これから庭のやまぼうしやイロハモミジに若葉が芽生え、
新緑を楽しむことができます。

こうした中でお嬢さんがすくすく成長されていく姿を
楽しみにしています。

またこの場をお借りしまして、
ご家族の皆様には写真のご協力をして頂き
ありがとうございました。

大西憲司設計工房
Kenji Ohnishi architect

531-0072
大阪市北区豊崎三丁目十五番地四号 ローツェII 502

グーグルマップ

t: 06.6292.0688 (f: 0689)
info@ohnishi-net.com

copyright 2006–2013 kenji ohnishi architect.
all rights reserved.